大手ハウスメーカーランキング

アイキャッチ 家づくり【契約前】

 

こんにちは!
エゾムース(@EzoMoose)です♪

エゾムース
注文住宅で家を建てたいけど、どこの施工会社にお願いしたらいいか迷うなぁ
嫁ムース
家づくりは一生に一回っていう思いから絶対に失敗したくない!
信頼のできる会社を選ぶためには、まず大手のハウスメーカーについて知っておくことが重要ですね

ハウスメーカーによって特徴も様々で価格帯(坪単価)も異なります。

今回は9つの大手ハウスメーカーの特徴や坪単価をランキング形式で紹介していきます!(嫁ムース調べ)

これから家づくりを始める方は、まずどのような住宅メーカーがあるか把握し、資料を請求するなど情報収集から始めることをおすすめします。

そのあとにモデルハウスを見学に行くことで、自分たちの理想に見合った施工会社が見つけやすいと思います。

大手ハウスメーカー

1.住友林業

坪単価:80~100万円

住友林業

 

  • 住友林業は木造軸組工法でトップのハウスメーカーです。
  • 木造のハウスメーカーでは非常に人気が高く、そして機能性も優れているメーカーになります。
  • ビックフレーム(BF)構法という一般的な柱よりも5倍以上の大きな幅の柱を使用した建築方法が特徴です。
  • 断熱・気密性能にも優れており冬場の光熱費を抑える効果もあります。
  • デザイン性も優れており過去に『グッドデザイン賞』を受賞した実績もあります。
  • BF構法により大きな窓を取り付けることができ開放的な空間を作ることができます。
 平屋や2世帯住宅など様々なユーザーの要望に応えてきた実績があり、家を建てた後のアフターサービスも手厚く充実しているのも、大きなメリットでしょう

2.三井ホーム

坪単価:75~90万円

三井ホーム

 

  • 三井ホームは木造建築で有名なハウスメーカーになります。
  • また、ツーバイフォー工法を取り入れた先駆的なハウスメーカーとして認知されています。
  • 家の中の空気環境に力を入れており、高断熱・高気密を保つPREMIUM MONOCOQUE温度・湿度・空気をコントロールできるSmart Breezeという技術を併用し家の中の空気を清潔に保っています。
  • また、耐震性に非常に優れていることが特徴です。

3.へーベルハウス

坪単価:70~80万円

ヘーベル

 

  • へーベルハウス(旭化成ホームズ)は鉄筋・鉄骨住宅になります。
  • 耐久性に定評のあるハウスメーカーです。
  • 主要構造部材は60年の耐久性を誇り、定期的なメンテナンス・30年目の集中的なメンテナンスにより60年を超える耐久性を維持できるように設計されています。
  • また、災害対策にも力を入れており、耐震構造にも優れています。
 へーベルハウスは空間を活かした立体的な発想をコンセプトに掲げていることも特徴です

4.積水ハウス

坪単価:70~80万円

積水

 

  • 積水ハウスは鉄骨・木造どちらでも対応可能なハウスメーカーになっています。
  • 邸別自由設計を重要視していてライフスタイルに応じた住宅を提供しています。
  • 積水ハウスはエネルギー収支ゼロを目指したグリーンファーストゼロを提唱しており、高断熱、蓄電池など省エネと、太陽光発電・エネファームなど創エネ双方に強みがあります。
  • 国土交通大臣認定の制震構造(シーカス)や、空気環境に配慮したエアキスなど住みやすさ安全性に非常に配慮しています。
 施工会社が決まっているため、施工品質を保つことができているのが特徴です

5.セキスイハイム

坪単価:65~75万円

セキスイ

 

  • 積水ハウスとはまったく異なるハウスメーカーです。
  • 阿部寛さんが出演しているCMで有名ですね。
  • セキスイハイムは鉄骨住宅で、大部分を自社工場で生産するユニット工法が特徴的です。
  • 各部屋をクレーンで運び組み立てていく様は圧巻です。
 蓄電池や太陽光発電が特徴になっており、災害時の停電でも蓄電池から供給し電気を確保できることが特徴です。
耐震性に優れている点もメリットです

6.土屋ホーム

坪単価:65~75万円

土屋ホーム

 

  • 北海道を拠点にしたハウスメーカーで、スキージャンプの葛西紀明選手が所属しています。
  • 断熱・高気密・防音・遮音・耐震性・バリアフリーなど、幅広いポイントに対応しています。
  • 品質の高さを保ちながら、少しでも安く提供する企業努力を続けているハウスメーカーです。
 お客様ファーストの会社で融通が利きやすいという点もあるようです

7.スウェーデンハウス

坪単価:80~100万円

スウェーデンハウス
  • スウェーデンの工場で作り輸入し家を建てる北欧スタイルのハウスメーカーになっています。
  • 木製サッシの3層ガラス窓が特徴的で高気密・高断熱の家になっています。
  • 可愛らしい外観も特徴的ですが、50年のアフターフォローも他社ではないサービスになっています。
  • 北海道発祥のハウスメーカーで暖かさを追求しているハウスメーカーになります。
 北海道にはスウェーデンヒルズという場所もあります
エゾムース
ちなみに私たちはスウェーデンハウスを選びました
スウェーデンハウスを選んだ理由スウェーデンハウスのデメリットについても記事を書いています

8.ミサワホーム

坪単価:60~75万円

ミサワホーム
  • 木造のミサワホームの特徴は『蔵のある家』です。
  • 家全体の内、30%を収納面積に充てることが可能です。
  • 収納がたくさん欲しい方にはおすすめです。
  • 1階と2階の間に蔵を設置することで防音性にも優れています。
 2019年度のグッドデザイン賞特別賞を受賞しています

9.一条工務店

坪単価:50~80万円

一条工務店
  • 一条工務店の強みは断熱性です。
  • 断熱性は国が定める省エネ基準の5倍を誇っており、平成27年度に省エネ大賞の最高賞にあたる経済産業大臣賞を受賞した実績があります。
  • 全室床暖房になっていることや太陽光発電・蓄電池により断熱性能と合わせて省エネ性能を高く保っています。

まとめ

いかがでしたか?

今回紹介したハウスメーカー以外にもハウスメーカーは数多くあります。

工務店を含めるとさらに膨大な数になるため、施工会社を決めることに難渋してしまいやすいです。

安心感やアフターフォローの充実では工務店よりも大手のハウスメーカーのほうが優れていることが多いです。

性能面でも、『木造がいいのか』『鉄筋がいいのか』で選ぶハウスメーカーも異なりますし、外観の違いによっても選択肢を絞ることもできます。

まずは、資料請求やホームページを見て自分たちの理想に合う施工会社を絞っていく作業をしていくことが重要です。

*.。..*・°*.。..*・°*.。..*・°*

サイト作成者プロフィール

エゾムース

*.。..*・°*.。..*・°*.。..*・°*

名前:エゾムース

北海道在住・病院勤務のブロガー。

夫:1993年7月生まれ。

妻:1995年10月生まれ。

20代夫婦がスウェーデンハウスで家を建てました。

北欧、雑貨、コーヒー、緑のある暮らしが大好物。

*.。..*・°*.。..*・°*.。..*・°*