建売住宅のデメリット

家づくり【契約前】

こんにちは!エゾムース(@EzoMoose)です♪

住宅購入を検討している方が悩むポイント

注文住宅にするか建売住宅にするか

私たちも悩みました

今回は建売住宅のメリット・デメリットについてまとめています
下記のことを参考に最終的に私たちは注文住宅を選びました

これから家購入を考えている方の悩みが少し解消されると思います!

建売り住宅のメリット

第一は購入手続きが簡単であること!

建売住宅は売り主である業者のプランで建てられた住宅を、その敷地と一緒に購入することになります

そのため、売買契約時に手付金を支払って残りはローンという風にお金の流れがスムーズに進んでいきます

また、打ち合わせが少ないので、時間をとられることがなくスムーズに購入できます

建築に合わせて周辺道路の整備も一緒に行われることも多いのもメリットですね!

コスト面でも注文住宅で依頼するよりも割安で購入することができる可能性が高いです♪

建売住宅のデメリット

間取りや設備が自分たちの思い通りにいきません(+_+)

また、画一的な建物になりやすいため、近くの住宅がそっくりな建物が並んでしまうということもよく見かけます

建売住宅は分譲地域に建てられていることが多く、その場合、隣家との間隔が狭くなってしまう場合もあります

嫁ムース
自由度が下がってしまうという点が一番大きいですね…

建売住宅購入前に確認しておきたいこと

オプション工事は?

住宅自体の購入費用が安い場合、オプション工事など別途工事が必要になるケースもあります

売買金額に含まれるものを契約前に確認しておく必要があります

アフターサービスは?

アフターサービスの内容を確認しておきましょう

売り主である業者がアフターサービスを請け負ってくれるにか、不動産業者なのか

点検の頻度や期間も詳しく聞いておきましょう

保証対象となる設備はなんなのかアフターサービス内容を確認しておきましょう

壊れているところは?

建物に不備や不具合がないか確認しましょう

立ち合いなどの際に念入りに建物に不備がないか確認しておきましょう

必要に応じて住宅診断を受けておくことをおすすめします

ライフラインを確認しましょう!

近隣の公共施設やライフラインの状況を確認しましょう

水道やガス会社がどこになるか、場合によっては光熱費がいままでよりもかかってしまう場合もあります

また、公園の場所やゴミステーションの場所など住んでからのことをイメージしておくことも重要です!

 

上記で述べたアフターサービスについては、かなり重要事項になります

家は住んでから費用がどんどんかかってしまうと住宅購入に後悔してしまいます

 

後悔しないためには、家に住んでから快適に過ごすために保証がどのようになっているのか知っていることが重要です!

まとめ

いかがでしたか??

建売住宅では、費用が安く済みますし、引っ越しまでの期間も早く済みます

メリットがある一方で、自由度が低いことや、施工を見ることができていないため住宅設備がしっかりしているのか不安な点も残ります

 

私たちは、自分たちの理想があったので、自由度が制限された建売住宅は向いていませんでした

費用面では注文住宅のほうがもちろん高くなってしまうのですが、住んでから後悔しないための選択ができたと思っています(^^)

 

また、私たちが選んだハウスメーカーはアフターフォローも充実しているため、ずっと安心して住むことができる住宅になっています♪

 

メリット・デメリットを理解した上で、建売住宅にするか、注文住宅にするか選択していくことをおすすめします!

*.。..*・°*.。..*・°*.。..*・°*

サイト作成者プロフィール

エゾムース

*.。..*・°*.。..*・°*.。..*・°*

名前:エゾムース

北海道在住・病院勤務のブロガー。

夫:1993年7月生まれ。

妻:1995年10月生まれ。

20代夫婦がスウェーデンハウスで家を建てました。

北欧、雑貨、コーヒー、緑のある暮らしが大好物。

*.。..*・°*.。..*・°*.。..*・°*